「あー、なんか軽くてサクサク動くテキストアプリがないかなぁ」

と悩んでいるあなたへ。

今回はテキストベースのクラウドメモアプリ『Simplenote』を紹介しようと思う。

Macで使えるシンプルなメモアプリ

Simplenote は「Mac」だけではなく「iOS(iPhone / iPad)」、「Windows」、「Android」、など、マルチプラットフォームに対応しており、テキストベースでメモをとるのにとても適している。

マルチプラットフォームに対応しているということは、作成したメモなどは「Mac」や「iOS(iPhone/iPad)」だけではなく、「Windows」、「Android」といった、異なるデバイス間で同期ができるのだ。

私は普段のテキスト作成はMacアプリ「CotEditor」を使用している。

CotEditorに関してはこちらの記事をご覧いただきたい。

mac OS 最強のCotEditorというテキストエディタを紹介する

mac OS 最強のCotEditorというテキストエディタを紹介する

この記事で紹介している通り、ブログやメルマガなどテキストベースでの記事作成の場合はCotEditorを使用しているが、ちょっとしたブログネタをメモしたり、使いたいフレーズが思いついた時にメモしたりと重宝するのが、このメモアプリ『Simplenote』だ。

Simplenote のインストールと設定方法

まずは、Macアプリ「Simplenote」をインストールする。

Simplenote

価格: 無料

カテゴリ: 仕事効率化

© Automattic, Inc.

「Launchpad」から「Simplenote」を開く。

はじめてSimplenoteを起動すると、このような画面になる。

アカウントをお持ちの場合は、

  • メールアドレス

  • パスワード

を入力すればサインインできる。


もしアカウントを持っていない場合は、

  • メールアドレス

  • パスワード

  • パスワード(確認用)

を入力し、アカウント(サインアップ)を作成する。

サインアップが完了すると、この画面表示となる。

その名の通り、シンプル。

Simplenote の使い方

基本的なSimplenoteの使い方も至ってシンプル。

シンプルシンプルうるさいが、この画面を見て頂けると、そう言うのも頷けるはずだ。

もうしばらくお付き合いいただきたい。

新規ノートを開く

まず、プラスボタンのマークをクリックすると、新規ページが開く。

右側がテキストエリア。

タイトルも何もないが、実は「1行目が記事タイトル」、「2行目以降が本文」となっている。

入力していくと、左カラムにタイトルが反映される。

この左カラムのタイトルは、最近編集したものから順に表示される。

タグの追加

ノートにはタグを付けることも可能。

ノートの下部にある「Add a tag」に入力すれば簡単に追加できる。

追加されたタグは左カラムのタイトルの下で確認できるので、タグごとにノートを絞り込むことができる。

ノートを検索

左カラム上部の「Search」からノートを検索することができる。

その他の機能

右カラムの上にあるマークは、一番左から

  • テキストエリアを広くする

  • ノートの履歴

  • シェア

  • ゴミ箱

  • 情報

となっている。

テキストエリアを広く

テキストエリアを広げることができるので、記事作成に集中できる。

ノートの履歴

ノートに記載した過去の履歴が記録されている。

バーを左右に移動することで過去の編集に戻ったりできる。

シェア

様々なものにシェアできる。

ゴミ箱

押すとノートがゴミ箱(Trash)へ移動する。

左カラムのTrashを見ると、移動したノートが確認できる。

またゴミ箱から戻したい場合は、

右上のマークを押せば、All Notesの中に戻される。


いかがだっただろうか?

Simplenoteの名に恥じない、シンプルな機能。

しかし、テキストを書くということに集中できる環境。

ちょっとしたメモ書きからブログ執筆などのテキスト入力まで、様々な場面で活躍してくれることだろう。

Simplenote

価格: 無料

カテゴリ: 仕事効率化

© Automattic, Inc.