今回はMac のプレゼンテーションソフト「 Keynote 」の使い方について解説していく。

Windows から Mac に変われば、もちろん使用するソフトや勝手も変わってくる。

そこで今回は私が普段作るスライドショーの一例をご紹介していく。

Keynoteを触ったことがないあなたでも簡単に始められるように、一つ一つゆっくりと書いていこう。

もちろん、そこは天下の Apple 製。

Keynoteは直感的に使えるので安心してほしい。

今回、Keynote で作るスライドの完成形

今回はこのようなスライドを作ってみる。

簡単なスライドショーであるが、基本画面を確認しながらゆっくり実践してほしい。

Keynote でスライドを作っていこう

では早速、簡単なスライドを1枚作っていこう。

Keynoteを立ち上げたら、まずはじめに好きなテーマを選択する。

ここでは『ワイドのホワイト』を選択。

Keynote の基本画面の名前を覚える

スライドが開かれたら、まずはKeynote の基本画面のパーツの名前を覚えよう。

基本的な画面構成は以下のとおり。

  • メニュー

  • ナビゲーター

  • スライド編集画面

  • ワークスペース

メニュー

表やグラフ、図の挿入やテキストツールなど、よく使うメニューが並ぶ。

ナビゲータ

スライドのアウトラインや、サムネイルが表示される。

スライドの順番を入れ替えたり、スライドのコピーなどもこのナビゲーターで行える。

スライド編集画面

実際にスライドを編集したり、作成していくスペース。

ワークスペース

テキストや図、配置、アニメーションなどを細かく設定することができる。

ワークスペースはMac のiWork では共通して使われているので、操作を覚えると他のアプリでも応用が効く。

Keynote でスライドの表紙を作る

では、実際にスライドを作っていく作業に入る。

まずはスライドのタイトルに当たる表紙を作る。

画像を差し込み、画像の大きさなどを調整する。

位置などはこのようにガイドに沿うと綺麗に設置できる。

画像を差し込むだけでは画像が最前面に配置されるので、『配置』 → 『最背面』と選択して、画像位置を調整する。

編集エリアにこのスライドのタイトルを入力しよう。

ここでは、『 MacBook Pro 』と入力する。

もう1つの編集エリアに「もっとパワーを。もっとパフォーマンスを。もっとプロのために。」とした。

Apple のサイトのまんま。

タイトルのフォントや色などはワークスペースの『テキスト』 → 『フォント』から変更できる。

ただの真っ白な表紙画像よりも、このように画像一枚差し込むだけでとても綺麗なスライドにすることができる。

こんな感じでスライドの表紙は完成。

Keynote のマスタースライドの編集

スライドの統一感を出すために、マスタースライドを編集しておこう。

ワークスペースの『フォーマット』の欄から、「マスタースライドを編集」をクリックする。

左側のスライドは『空白』を選択し、背景の色などをお好みで編集していこう。

今回はApple のサイトに合わせた色を使っていく。

① でカラーのダイアログを出し、② のスポイトをクリックする。

そうすると③ のようにスポイトで選択した色を使用することができる。

背景色などを変更できたら、右下の『終了』をクリックすればいい。

Keynote でコンテンツ用のスライドを作る

次に、コンテンツ用のスライドを作っていく。

基本的なスライドの考え方としては、『シンプル』でかつ『伝わる』スライドである必要があると思うので、よく言われているように「1スライド1メッセージ」を基本として作成していこう。

Apple のスライドショーが参考になるだろう。

メニューバーから「スライドを追加」をクリックし、先ほどマスタスライドの編集で作成した『空白』のスライドを追加していこう。

上部にスライドのタイトル、中央にコンテンツを記入していく。

タイトルに『 FEATURE 』、コンテンツに『新しい第8世代のIntel 6コア
およびクアッドコアプロセッサ。』と記入した。

次のスライドはタイトルは同じで、コンテンツは「複数のプロ向けアプリケーションを動かすための最大32GBのメモリ」と記入。

というふうに、上記のような手順でいくつかのスライドを追加していこう。

画像などをうまく活用することによって、視覚的にも引き込まれやすいスライドを作ることができる。

スライドにアニメーションをつけてみよう!

では、スライドを数枚作ったら次にアニメーションをつけていく。

項目を選択した状態で、ワークスペースからアニメーションを選んでいく。

インのタブから「エフェクトを追加」をクリックし、お好みでアニメーションを選択していこう。

今回は出現と移動の項目にある「ディゾルブ」を使用する。

次のスライドからも同じように、各項目ごとにエフェクトを追加していこう。

アニメーションは様々なものがあるため、スライドの内容に合わせてお好みでいろいろ試してみるといい。

アニメーションの効果や流れを確認したい場合は、ワークスペースの下にある「ビルドの順番」をクリックする。

順番を入れ替えたり、プレビューで確認できる。

最後に、完成したスライドショーを再生する場合は、メニューバーの再生をクリックすればいい。

https://youtu.be/BDk7RMSmroc

完成したスライドはこんな感じ。


いかがだっただろうか?

基本的には Windows のパワーポイントもMac のKeynote でも同じようにスライドを作ることが可能だ。

Mac Keynote には様々なテーマのテンプレートもあって、スライドによっては大きく雰囲気を変えることも可能だ。

あなたが何を伝えるのか、どうやって伝えるのかを考えてスライドを作成してほしい。

このほかにも、Keynote は使い方によってスライドショーだけではなく画像の編集や Youtube などのサムネイルも簡単に作成することができる。

まずは今回ご紹介したような簡単なスライド作るところから、どんどん Keynote を活用してほしい。