MacでDockを自動で隠し、Dockの位置を変更して画面を有効活用する方法

小さいMacbook でも大きく活用

私の Macbook pro は13インチモデル。

Macbook の中には12インチモデルも登場し、軽く持ち運びにも便利である。

しかしその反面、日々 使っているとやはりその画面の狭さに不満を覚えずにはいられない。

「じゃあ、15インチを買えばいいじゃないか!」と言われればそれまでだが、13インチモデル MacBook Pro の能力を最大限活用し、そして使いこなしてこそ Macbook Pro の使い手として名を馳せることができるのだろう。

ということで今回は、Mac のDock を調整することにより、画面を最大限有効活用させる方法を解説していこうと思う。

MacのDockを自動的に隠す方法

まず第一段階はDockを自動的に隠す方法を解説していこう。

Mac が Mac らしくいられる理由の一つとして、『 Dock 』の存在があると思う。

しかし、先ほども話したように、12インチみたいな小さい画面の中ではいくら小型化したとしても Dock が占める割合もバカにならない。

なので、まずは Dock が自動的に隠れるように設定をしていこう。

Macのシステム環境設定を開く。

Dock をクリックして開く。

「Dock を自動的に隠す / 表示」にチェックを入れる。

こうすることで、カーソルを Dock 以外のところに持って行くと Dock が自動で隠れるようになる。

MacのDockの位置を変える方法

上記のようにDockを隠すと画面が大きくなるものの、普段使っていると例えばブラウザをスクロールしたり、文書作成の際にマウスカーソルを下に持ってくることも多く、その度に Dock が出現し作業の邪魔になることも少なくない。

実は、マウスの動き的に、画面の上部や下部は頻繁に移動することが多いエリアなので、Dock を隠したとしても下部に設置しておくと何かと不便なことも多いのだ(私の使い方によるかもしれないが・・・)。

ということで、ここではDock の設置位置を変更していく。

先ほどと同じDock の設定から、「画面上の位置」を左にチェックを入れ、左側に設置するように変更していこう。

もちろんあなたの使い勝手によっては右側や下でもOK。

このように、カーソルを左側に持ってくると Dock が表示されるようになる。

また私のように、Dock のサイズをやや小さめに設定しておくと、Dock が表示されていてもあまり目障りにはならずシンプルに使えると思うのでおすすめだ。

Dock に常駐させるアプリもできるだけ少なくするようにすると、なおスッキリする。


いかがだっただろうか?

Mac といえばこの Dock をイメージする方も多いと思うが、その Dock もうまく自動で表示させたり隠したりすることで、Mac のディスプレイを有効活用できると思う。

人によって価値観や趣味嗜好は違うが、小さなディスプレイを大きく活用するための工夫の一つとして、ぜひ参考にしてみてほしい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*