Mac に Bootcamp で Windows10 をインストール。簡単操作で仕事も安心

昨今ではMac Booc などを使うユーザーも増えてきている一方で、まだまだ大方のシェアを締めているのが Windows マシン。

最近の情報では Windows 10 の普及もあり、Windows マシンのシェアは増えてきているという。

確かに、まだまだ多くの企業は仕事上でも Windows マシンを使うことも多く、その互換性などからも仕事で使う上で、高価な mac OS マシンを入れる企業は少ないといえる。

しかし、言っても私は Mac Book で仕事をしてきた人間。

今の Mac Book であれば仕事にだってガンガン使えてしまうツールもサポートされている。

それこそが今回ご紹介する『 Bootcamp 』である。

Mac の CPU が Intel 社性の CPU になってからというもの、Mac 上で Windows を起動することも可能になった。

しかも今回ご紹介する方法であれば、とりあえずは無料で Windows をインストールし、普通にアプリを立ち上げることも可能だ。

Bootcamp で Windows を使用するメリットとは?

Bootcamp を使うメリットとして、使用している Mac の性能を最大限引き出せるという点がある。

Mac で Windows を使う方法としてはいくつかあるのだが、有名所では仮想マシンを使って起動するという方法。

しかしこの方法は Mac のアプリとして仮想マシンを立ち上げ、その中でメモリなどを振り分けて使うために、使い方によってはカクツキがでたり、Mac そのものの動きも悪くなったりと、かなりパフォーマンスが落ちることもある。

そんななか、フルにスペックを活用できる Bootcamp は起動する際に再起動し、Mac と Windows のディスクの入れ替えを行う必要があるものの、仕事では Windows しか使わないと割り切って使う人にはとても有効な手段だと思う。

プライベートで Mac をお使いで、今後仕事でも使うという方はぜひ Bootcamp で Windows の インストールにチャレンジしてほしい。

その簡単さに驚くはずだ。

Bootcamp で Windows を起動するために必要なもの

基本的に、 Bootcamp を利用して Windows をインストールする場合に必要なものは以下の通り。

  • Mac Book (今回は macOS Mojave )
  • Windows 10 の ISO ファイル もしくはCD-ROM(今回の方法はシリアルナンバーもなくていいがあったほうが今後楽)
  • Bootcamp アシスタント(最新の Mac であれば純正で入っているアプリ)
  • ネット環境
  • Mac で Windows を使うワクワク感

これさえあればなんとかなる。

Windows の ISO ファイルを用意する

では早速内容に入っていこう。

まず大前提として、Mac であっても Windows を使用するためには Windows 10 のプロダクトキー(ライセンス)が必要になる。

これは家電量販店や Amazon などで、簡単に購入することができる。

ただし今回は、あくまでも Windows が起動することを目標に話していくので、今すぐに購入する必要はない。

(インストール後にはアクティベートを促されるが・・・)

こちらのマイクロソフトのページから、Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)をダウンロードしていく。

Windows 10 のエディションの選択をする。

言語の選択では『日本語』を選ぼう。

64-bit 版と 32-bit 版の選択では、お使いの Mac の状況に合わせて選択してほしい。

これらを選択すると、ISO image のダウンロードが始まる。

BootCampアシスタント起動

Windows 10 のISO ファイルのダウンロードが完了したら、いよいよ Bootcamp アシスタントを起動していく。

ユーティリティ → Bootcamp アシスタント を起動しよう。

Bootcamp アシスタントが起動したら、『続ける』をクリックしよう。

ISO イメージを選択し、さらにWindows 10 を入れるパーティションを切っていく。

使用する Windows の容量に合わせて作成してほしい。

ここでは 45 GB を Windows 10 の領域として作成。

サポートソフトウェアのダウンロードと保存が開始される。

Bootcamp アシスタントの変更を許可するために、パスワードを入力。

『 OK 』をクリックすると再起動し Windows 10 が立ち上がる。

Windows 10 をインストールする際の言語や時刻の設定を行う。

これは日本に住んでいれば『日本語(日本)』で問題なし。

キーボードや入力形式に関しては、お使いのキーボードレイアウトに沿って選択してほしい。

US キーボードを使用している人はそれに沿って選択していく。

オペレーティングシステムの選択ではお好きなもので構わないと思う。

ここでは Windows 10 Pro を選択している。

もしライセンスキーなどを購入されている方はその OS のバージョンに合わせて選択してほしい。

ライセンスキーの入力では、もし Windows 10 を新たに購入された方はそのプロダクトキーを入力しよう。

今回はただ Windows 10 を起動することを念頭においているので、『スキップ』もしくは『ライセンスキーがありません』をクリックし入力をスキップできる。

ライセンス条項に関してはよく目を通して『同意します』にチェックを入れて、『次へ』をクリック。

あとはシステムがインストールされるのを待つ。

システムのインストール後は、Windows 10 の基本セットアップに基づき設定していけばいい。

Windows 10 の基本設定が完了したら Windows 10 が起動するわけだが、最後に Mac でも快適に Windows 10 が使用できるようにドライバ類をインストールする必要がある。

といっても簡単で、Bootcamp インストーラーというものが標準で入っており、これに沿って進めるだけ。


以上で Mac でも Windows 10 を快適に使用することができる。

ライセンス上、Windows マシンで mac OS を使用するのはできないとされているが、逆に今回のように Mac であれば 標準機能でWindows をインストールすることができるのは大きなメリットであろう。

もちろん、Mac で Windows を使っていくにはキーボードレイアウトの違いなども考えなくてはいけないため、更に細かくカスタマイズしていく必要があるが、それにしても、簡単に Windows が使えるのは大きなメリットではないだろうか?

プライベートでも仕事上でもスムーズに OS を切り替えて使えるのはやはりありがたい。

きっと、Mac で Windows 10 を操作するあなたを、周りの同僚も羨ましく思うはずだ。

簡単なので、ぜひ試してほしい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*