毎日のようにネットサーフィンをしていて、たまたまムフフな動画に出会い見ていると、ついつい気になってしまうのがウイルス対策。

MacはWindows 機に比べウイルスは入りにくいとは言え、何かスッキリしない。

Macはウイルスに感染しないのか?

ということで今回は、あなたのMacを保護するウイルス対策ソフトの導入方法を解説しようと思う。

そもそも、パソコンのシェアは87%がWindows 機

ウイルスをばらまくハッカー達の立場で考えてみると、市場のシェアが低いMacを標的にしてもウイルス自体が意味をなさない。

そんな理由もあってこれまでMacへのウイルスは目立ってほとんど作られなかったのだが、今後もずっとそうだという保証はどこにもない


かつてはMacはウイルスにかからない、というか、ほとんどかからないと言われてきていた。

が、よくよく考えてみると、Macユーザーが増えてきている昨今、自宅ではMac、職場ではWindows 機と行った使い分けをしている人も多いだろう。

Macに入ったWindows 用のウイルスに感染して発症しないまま、そのファイルをWindowsユーザーに渡してしまった時など、ウイルスを拡散する恐れだってあるのだ。

特にスタバみたいなカフェでwifiを使用している場合は、そういったwifiを介して拡散。

そのうちに、Macに感染するウイルスも増えてくるのは遅くないはず。

現にMacにもウイルスが入る危険性も高まってきており、以前のように『セキュリティソフトは必要ない』という時代ではなくなったと感じている。

いや、私自身が安心してムフフな動画を見続けたいから、なのかもしれない。

こんな不純な動機はどうでもいい。

なんにせよ、Macにもウイルス対策は今や常識なのだ。

Macにおすすめのウイルスソフトとは?

私はもともと『Sophos Home for Mac」というウイルス対策ソフトを使用していた。

動作も軽く、比較的セキュリティには安心して使えていたのだが、Sophos Anti-virus for Mac Home EditionはOS X 10.9以降の正式な更新がなくなり、メインをほとんどクラウド型のSophos Homeに移行した。

Sophos Home for Macをかなり気に入っていただけに、こちらも使用を試みたが、

  • 基本的にインターネットに繋がっていないと使えない

  • スキャンが非常に遅い

などの理由から使用を断念。

その後いろいろ検討した結果、ウイルスの検出率が100%と高く、動作が軽いのが特徴の『AVG』というウイルス対策ソフトを入れることにした。


AVGに関しては、WindowsやAndroidの無料セキュリティの中でも、Avast!と双璧をなしていると言えるソフトであり、特徴として、

  • なにしろ動作が軽い

  • 設定項目がほとんどない

  • 常駐して守り続けてくれる

  • それでいて高い検出率(AV-TESTで100%)

という高評価。

なにしろ、私がMacを使うにあたって、動作が軽く、私の作業を阻害しないというのはとても好印象であった。


バックグラウンドで黙々と仕事を続けてくれる硬派なやつ。

だけどしっかりと仕事もこなす(ウイルス検出率100%は伊達じゃない)やつ。

もう数年の付き合いになるが、私のMacをそっと守ってくれている。

ということで前置きはこのくらいにして、解説していく。

MacにAVGをインストールする

早速AVGをインストールしていくが、インストール自体はいとも簡単で、そのあとの設定に関しても特に何もすることはないという手軽さがいい。

AVGのインストーラーをダウンロードする

まずはAVGのサイトからインストーラーをダウンロード。

https://www.avg.com/ja-jp/avg-antivirus-for-mac

ダウンロードが自動で始まる。

「AVGをお選びいただき、ありがとうございます!」

いや、こちらこそありがとう!よろしく頼むよ!

AVGをMacにインストールする

アイコンをダブルクリックしてインストール開始。

「続ける」をクリック。

インストーラーが起動するので、サクサク進めていこう。

ここも「続ける」をクリック。

使用規約もしっかり読もう。

ふむふむ。なるほどね。

・・・「続ける」をクリックでいいだろう。

AVGをインストールするには使用条件に同意する必要があるという。

「同意する」でOK!

インストール先を選択する。

特に変更の必要がなければそのまま何もいじらず「インストール」をクリックしよう。

そうすると、ファイルのダウンロードが始まる。

ここで出るのは、Macのセキュリティ。

特に問題ないので、ユーザー名、パスワードを記入し、「ソフトウェアをインストール」をクリックしよう

ファイルの書き込みがあって、

各種ファイルのパッケージスクリプトを実行。

そして、あっという間にインストールは完了する。

インストーラーは不要なので、ゴミ箱へ移動。

この画面が出れば、無事AVGのインストールと起動が完了する。

どうだろう?

かっこいいと思わない?

「You are protected」

ありがとう。私を守ってくれて。

ちなみに、メニューバーにもきちんとAVGが常駐してくれている。

いちばん左のアイコンがAVGで、アイコンがこの場合はセキュリティON。

アイコンがこの場合はセキュリティOFF。

OFFのままでは意味がないので、きちんとONにしておこう。

これでOK!

AVGでMacのウィルススキャンをやってみる

ではウィルススキャンもやってみる。

現時点では最近クリーンインストールしたばかりなので、特に問題はないと思うが・・・

画面下にある「SCAN MAC」をクリック。

こんな感じでスキャンスタート。

30%・・・

50%・・・

もうちょい・・・

FiniShed!

スキャン自体も特に問題なし。

スキャンは約20分少々。

その間もブログの執筆をしていたが、Mac自体がもたつくこともなく、サクサク動いてくれていた。


ということでAVGのインストール&ウイルススキャンは完了である。

その後しばらく使っているが、動作がもたつくこともなく、定期的にスキャンもしてくれる。

常駐で保護をしてくれ、なおかつ軽い。

Macには『AVG』が最高に合うと思う。