たとえあなたが Windows から Mac に乗り換えても、あなたの周りの人が全員 Mac ユーザーになるわけではない。

今まで当たり前にやりとりしていたファイルでも Windows を使っていた頃は何も考えずに開けていたファイルが、「Mac で開こうとしたら開けないとか」、「圧縮ファイルを解凍したら文字化けしたよ」、とか本当によく聞く話。

これの何が一番めんどくさいかというと、文字化けしてしまったファイルを元に戻すということがかなり難しいため、そもそもの話として、解凍以前の圧縮時に Mac に対応したもので圧縮を頼むなどの対処が必要となるのだ。

それをいちいち頼むのも、これまた大変な話。

ということで、我ら Mac ユーザーができることがあるとしたら文字化けしないようにうまく解凍してあげること。

これだけ。

幸い Mac にはこれだけ入れておけば間違いない、という解凍ソフトがあるので、今回はそれを紹介していく。

The Unarchiver のインストール

この The Unarchiver は解凍できないファイル形式がないのでは?というほど万能な解凍ソフト。

馴染みのある zip、rar、lha などのファイルをはじめ、たくさんの圧縮ファイルに対応している。

また、先ほど紹介したように、Windows からのデータのやり取りの際に発生する文字化けも極力減らすこともできるので、Mac を購入したらまずインストールしておくべきソフトだろう。

The Unarchiver

価格: 無料

カテゴリ: ユーティリティ

© MacPow Inc.


App Store より、いつものように簡単にインストールしていこう。

「 Launchpad 」内に「 The Unarhiver 」がインストールされていれば OK !

Launchpad より The Unarhiver を開くと、このようなようこそ画面が表示される。

画面に沿って「次へ」をクリックして進めていけばOK !

The Unarchiver を解凍のデフォリト設定にする方法が解説される。

これに関しては後述していく。

最新の情報が読みたければ、メルマガを購読してほしい。

ここはお好みで。

環境設定では、どのファイル形式を解凍するのか設定ができる。

かなりの種類のファイル形式をサポートしていることがわかる。

The Unarchiver の使い方

では The Unarchiver の使い方を解説するが、まあ使い方を解説するまでもないほど簡単である。

基本的には、圧縮ファイルをダブルクリックすれば解凍されるのだが、まずやっておきたいこととして、デフォルトで The Unarchiver が起動するように設定をすること。

まずは常にデフォルトで起動したいファイルを右クリックし、「情報を見る」をクリックする。

「このアプリケーションで開く:」を見ると、デフォルトでは Mac 純正のアーカイブユーティリティになっていると思う。

これを「 The Unarchiver 」に変更しよう。

次に「すべてを変更…」をクリックし、The Unarchiver をデフォルトで開くように設定する。

最後に「続ける」をクリックすれば、The Unarchiver がデフォルトで起動するようになる。


今回は解凍ソフトを紹介した。

とりあえずこれを入れておけば、様々な圧縮ファイルの解凍には困ることがないと思う。

解凍の速度も速く、純正アプリのように Mac によく馴染む。

今すぐインストールしておくことを全力でオススメしたい。

The Unarchiver

価格: 無料

カテゴリ: ユーティリティ

© MacPow Inc.