ネットが普及して恩恵を受けているのは、ネット回線を使ったコミュニケーションも論外ではない。

特にネット回線さえあれば、無料で通話ができるというツールも多数存在する。

このメリットとしては、やはり経費削減。

同じ系列会社で連絡を取り合う場合、このようなネット回線を利用すれば経費削減にも繋がるし、今回ご紹介する『 Skype 』であれば通話せずともチャットでの会話やデータのやり取りさえもできてしまう。

今回は、そんな Skype のインストールとアカウント作成方法を解説してこう。

さらには Skype 登録後にコンタクトを追加する方法も合わせて解説をしていく。

Skype は何がいいのか?

Skype は無料でチャットや音声通話をすることができる非常に便利なツールである。

先ほど話したように、ビジネス上で活用する方法はもちろんのこと、例えば海外の知り合いに国際電話をする、テレビ通話をするなどの用途でも活用でき、しかもそれがネット回線さえあれば無料で行える。

もちろん、iPhoneなどのスマホでもアプリをダウンロードすることで同じように使用することができる。

しかし、あなたはこう思うはず。

あなたが今使っている『 LINE 』と何が違うのだろう、と。

無料通話もできて、チャットのやり取りもできる。

機能だけを見ると、今や生活の中に溶け込んでいる『 LINE 』なんかとの違いがわからない方も多いだろう。

Skype のメリット

では、Skype を使うメリットはどういった部分か?

少し見ていこう。

通話クオリティが高い

これは、通話品質が一般の固定電話よりもかなりクオリティが高いということがあげられる。

ただし、通話相手が通信速度の遅いインターネット回線であれば、通話品質が低下する恐れがある。基本的に、日本で普及しているような4Gなどや光ファイバー、ADS回線であれば、まず心配ない。

画面共有ができる

また、Skype では画面共有機能を使うことで、お互いのパソコン画面を共有することができるので、遠くにいながら直接相手の画面を見て説明をすることも可能なのだ。

メールアドレスでアカウントが作成できる

そのほかにも、LINE ではアカウント作成に携帯電話番号が必要なため、基本的に一人につき1アカウントまでとなっているが、Skype はメールアドレスにてアカウントを作成するので複数アカウントを持つことも可能だ。

広告が表示されない

さらには、ここまで高機能に使えて、Skype には広告が表示されないのでストレスなく活用することができる。

セキュリティ性が高い

そして特筆すべきは、Skype はセキュリティ性が高いことでも有名であり、「クレジットカード番号やID・パスワードを送信しても大丈夫」と言われているほど。

Skype でのやり取りの内容は高度なセキュリティで守られており、暗号化して相手に送られるので、第三者等に内容が漏れてしまう心配も少ないのだ。

Skype はこのように様々なメリットがあり、とても使いやすいアプリだ。

前置きが長くなったが、早速インストール方法を解説していこう。

Mac Skype のインストール方法

まずは Skype のホームページからダウンロードする。

https://www.skype.com/ja/

ホームページから、「 Skype をダウンロード」をクリックして .dmg ファイルをダウンロードする。

.dmg ファイルを開くとこのような画面になるので、Skype のアイコンをApplications フォルダにドラッグ&ドロップしていこう。

Launchpad から「 Skype 」を開く。

今回は新しくスカイプのアカウントを作るため、『アカウントを作成』をクリックする。

電話番号、もしくはメールアドレスを記入。

あなたのアカウントの名前を記入する。

登録したメールアドレスに対してコードが送られてくるので記入する。

入力するとアカウントが作成される。

さらにプロフィール画像を選ぶ。

これは後からでも変更可能だ。

サウンドチェックやカメラのチェックをして、問題なければOK!

以上でインストール作業は完了する。

Skype のコンタクト(連絡先)の追加方法

次に、コンタクト(連絡先)を追加していこう。

Skype は当たり前だが、連絡するための相手を登録していく必要がある。

まず左上にある検索ボックスに、連絡先として追加したい相手の Skype ID を入力し、『連絡先を追加』をクリックする。

追加したままでは承諾待ちとなる。

コンタクトを取りたい相手が承諾すると Skype が使用可能となる。


このように、インストールも簡単ですぐに Skype で通話することも可能。

ビジネスにおいてもプライベートにおいても、かなり役に立つツールである。

ネット回線があるだけでクリアな通話も可能なので、ぜひ一度使っていただけるとその使いやすさがわかるはずだ。