Windows 機には、もともと『スナップ機能』といってウィンドウをデスクトップ画面の中でウインドウを分割して表示してくれる機能がある。

これはどんな時に役立つかというと、例えばこの記事で紹介したように Linux をインストールする際、ブログ記事を確認しながらターミナルや仮想マシンの設定を行う時など、一回一回部ブラウザを開いたり閉じたりターミナルを最前面に出して操作したりするとウインドウがめちゃくちゃになってなってしまい、作業効率も決して良いものとは言えない。

Arch LinuxをVMware Fusionにインストールしてみる〜SSH接続編〜

Arch LinuxをVMware Fusionにインストールしてみる〜SSH接続編〜


また出納帳の入力の際などに、一つは銀行口座情報を確認しながら、もう一方でエクセルのファイルに打ち込むなどするといった作業の際にも、ウインドウを分割できればスムーズに作業を行うこともできる。

こういった機能がないと、2つの画面を並べて表示させる場合に手動で画面を調整したり、アプリとアプリの隙間を埋めるために微調整をしたり、性格的にも精神衛生上もよろしくない。


実はMacには純正機能で Split View といって " 一応 " 画面分割をすることができる機能はあるのだが、左右2画面しか選択できなかったり、ウインドウの組み合わせを後から変更できないなど、いまいち使い勝手が良くない。

そんなときにこそ、App Store をのぞいてみよう。

すると、こんな神アプリが見つかるはずだ。

Mac アプリ「 Magnet 」でウインドウ分割をスムーズに

今回ご紹介するのは「 Magnet 」というアプリ。

有料アプリであるが、現時点で 120 円。

缶コーヒー1杯我慢すれば、その先に快適な mac ライフが待っていると思えば、安い投資だろう。

Magnet

価格:120円

カテゴリ:仕事効率化

© [2018] Kozarek & Sedlak


その名の通り、ウィンドウを画面の端にピタッとくっつければ、左半分、右半分、上半分、下半分等に移動&リサイズすることができる。

もちろん、キーボードショートカットを使って左手のみでウィンドウを整理することも可能だ。

Magnet のインストール方法

まずは、上記のリンクから App Store へ移動する。

アプリのアイコンの下の『 ¥ 120 』をクリックすると、緑色のアイコンで『 App を購入』と出るのでクリックする。

Apple ID とパスワードを入力し、「購入する」をクリックする。

今まで有料アプリを購入していなかったり、カードの情報などを登録していなかったりする場合は、ここで設定をする必要がある。

「請求先情報」をクリックしよう。

必要事項を入力していき、完了をクリックする。

再度アプリの画面になるので、先ほどと同じように『 ¥ 120 』をクリックするとアプリを購入しインストールできる。

Magnet の起動と初期設定を解説

ではインストールが済んだら、アプリを起動し初回設定を行なっていく。

Launchpad から「 Magnet 」を起動する。

一番初めに起動する場合は、このように Magnet を承認してアプリを使用できるように設定しなければならない。

「システム環境設定」 → 「セキュリティとプライバシー」を開く。

「プライバシー」 のタグを開き、アプリケーション Magnet を許可するために、鍵マークをクリックする。

パスワードを入力してロックを解除する。

「 Magnet 」にチェックを入れ、鍵マークをクリックすればOK。

チェックを入れるとすぐに Magnet を使用できるようになる。

Magnet の使い方を解説

ではここからは実際に Magnet を使用していこう。

Magnet の使い方として、

  • キーボードショートカットを使用する方法

  • マウスカーソルでドラッグする方法

の2種類がある。

キーボードショートカットを使用する方法

メニューバーにある Magnet のアイコンをクリックすると、キーボードショートカットの一覧を見ることができる。

基本的には、 conrtol alt (option) 任意のキー の同時押しで操作可能となっている。

ショートカットキーは、ご自分の使用環境に合わせて自由に設定することも可能だ。

マウスカーソルでドラッグする方法

また別の方法としては、アクティブになっているウインドウをディスプレイ画面の端にコツンとぶつけることで、各セクションへ配置することができる。

例えば、画面の左側にコツンとぶつけると、

左画面全体に表示され、

画面の右側ににコツンとぶつけると、

右画面全体に表示される。

また画面上部にコツンとぶつけると、

全画面で表示されるようになっている。


機能としてはとてもシンプルなものなのだが、このように簡単にウィンドウを整理できるだけで作業効率は格段に上がる。

まさに磁石( Magnet )のように画面端にコツンと当てるだけでウィンドウがピタッとくっつく様は操作していても気持ちがいい。

この Magnet は、Mac の App Store 内でも、ランキング上位に入っていることからもわかるよに、Mac ユーザーならばほとんどの人が使っていると言ってもいい必須アプリなのだ。

私自身、今までは一つ一つのウィンドウをちまちま移動させていたから、缶コーヒー1杯程度の値段の投資で、どれだけ救われたのか計り知れない。

mac OS では仮想デスクトップ機能が標準で搭載されているから、仮想でスクトプで画面の左右へのウインドウの移動も可能。

また特に、大きなディスプレイを使っている場合や、複数の外部ディスプレイに接続した際などはこのアプリの真骨頂とも言えると思う。

ぜひ使ってみてほしい。

Magnet

価格:120円

カテゴリ:仕事効率化

© [2018] Kozarek & Sedlak