Arch LinuxをVMware Fusionにインストールする方法[SSH接続編]

Linuxとは?

私がLinuxに興味を持ったのはかれこれ数年前。

いろいろなディストリビューションがあってそれCD-ROMに焼き、以前使っていた古いWindows 機にインストールして遊んだものだ。

そもそもLinuxとはOSの一つであるのだが、サーバーに使われていたり、Androidの元になっていたりと、実は私たちの生活でも頻繁に使われているのをご存知だろうか?

(みんな大好きPlay Station なんかもLinuxが使われていたりする。)

Linuxについてはこちらでも簡単に解説している。

Mac好きが語るパソコンスペックの確認方法とは?[初心者向け]

この時点で、「Linux ?」、「ディストリビューション?」と?マークが浮かぶ人は、今回のシリーズをきっかけにLinuxに触れてほしい。

Linuxを使うメリットとは?

まあ、初心者(私も含め)には単語も難しいので、少しずつLinuxに慣れていこう。

Linuxの特徴として、

  • 無料で使える
  • 古いパソコン(低スペック)がサクサク動く
  • コンピュータ(ハード)そのものに詳しくなる
  • パソコンに強くなる
  • 「俺、CUI触れるぜ」という、ちょっとした優越感を得られる

という感じ。

Linuxを使う上で他にもいろいろなメリットもあると思うが、自分で自分のパソコンを形成するというものも、楽しみの一つであろう。

特に、今回ご紹介するArch Linuxは『軽量・シンプルで最小構成からシステムを構築できる先進的なLinuxディストリビューション』とうたっている通り、最小構成から一つ一つ構築していくというもの。

Windows パソコンのように、初めから無駄に多くアプリも入っていない、むしろGUIではなくCUI(いわゆるコマンドで進めて行くやつ)という環境。

プログラマーやエンジニアと違って、大した知識もない私たちでは、とても一つ筋縄ではいかないと思うが、これを繰り返して行くことでパソコンスキルやLinuxへの知識も増えていくことだろう。

こうやってLinuxの知識がついていくと、起動しなくなったパソコンからデータを回収したり、自作PCなどにおいても自分の環境に合わせ、最小で構築することができる点は、トラブルを減らす上でも重要なことだと思う。

ぜひチャレンジしていただきたい。

ということで早速進めていきたいが、いきなり実機にインストールするのはさすがに勇気がいるので、Macソフト、VMware Fusion という仮想環境にArch Linux をインストールしていく。

ちなみに、Arch Linux インストール時の環境は、

  • MacBook Pro mid 2009
  • VMware Fusion 8 ver 8.5.4
  • Arch Linux 2019.02.01-x86_64

という感じ。

それではやっていこう。

Arch Linuxのインストールディスクをダウンロード

Arch Linuxのダウンロードページからインストールメディアをダウンロードする。

https://archlinuxjp.kusakata.com/download/

公式サイトの中から、「ダウンロード」→「日本のサーバー」の中から選択する。

名前ではわかりにくいが、Sizeが600Mある.ISOファイルを選択してダウンロードしよう。

torrentファイルを使用したい方は、.torrentをダウンロードしてもOK!

VMware Fusionの初期設定

次にVMware Fusionの設定を行っていく。

普通はVMware Fusionなど仮想マシンに直接コマンドを打ち込んでいくのだが、今回はSSH経由でMacのターミナルを使ってインストールできるように設定をしていこう。

こうすることで、仮想マシンのみではできない、コマンドのコピペも可能であるし、コマンドの打ち間違いによるエラーも少なくすることができるのだ。

ただし、SSHは一般的によく利用される認証方法だが、少なくてもセキュリティリスクがゼロではないので、ローカルネットでの利用に留めてほしい。

Arch Linuxのイメージファイルをマウントする

VMware Fusion側の設定からやっていこう。

VMware Fusionを開き「ファイル」→「新規」をクリックする。

左側の「ディスクまたはイメージからインストール」を選択し、「続ける」をクリック。

「別のディスクまたはディスクイメージを使用する」をクリックする。

先ほどダウンロードしたArch Linuxの.ISOファイルを選択して開くをクリック。

「続ける」をクリック。

オペレーティング システムの選択では、「Linux」→「Other Linux 3.x カーネル (64ビット)」を選択して、「続ける」をクリック。

簡単に環境設定ができたが、仮想マシンのCPUやメモリ、ストレージなどの使用量を細かく設定していく。

「設定をカスタマイズ」をクリックしよう。

仮想マシンの名前をつけておこう。

ここではとりあえず『Arch Linux』でOK!

もしもあなたが複数の環境を作りたい場合は、日付やバージョンなどを記入しておくとわかりやすいと思う。

「プロセッサとメモリ」、「ハードディスク」などの使用容量は、あなたの環境に合わせて設定してほしい。

ちなみに今回の私の環境では、

  • CPU:1個のプロセッサ コア. 
  • 2048MBハードディスク:仮想ディスク.vmdk. 8GB

となっている。

SSH接続の設定

次に、SSH接続関連の設定をしていこう。

「設定」→「詳細」を開く。

「VNCによるリモートディスプレイ」にチェックを入れよう。

次に、「設定」→「ネットワークアダプタ」を開く。

ネットワークアダプタを接続の中の、「ブリッジされたネットワーキング」→「自動検出」にチェックしておく。

UEFIでの起動設定

次に、仮想マシンをUEFIで起動するように設定する。

仮想マシンが保存されているフォルダから、.vmx の仮想マシンファイルを探す。

初期設定では、「書類」→「仮想マシン」→「hoge(先ほどつけた仮想マシンの名前)」→右クリックして「パッケージの内容を表示」させる→「hoge.vmx」を編集する。

firmware = "efi"

仮想マシンの設定ファイル、hoge.vmxをテキストエディタで開いて、最終行に付け足し、保存しよう。

仮想マシンでのSSH接続設定

仮想マシンの起動

ここまで設定したら、仮想マシンを起動しよう。

真ん中の三角ボタンを押せば起動するはずだ。

先ほど、UEFIで起動するように設定したため、UEFIモードでArch Linuxのブートローダーが起動する。

何もしなければこの後30秒〜1分程度真っ黒な画面が続き、その後Arch Linuxが起動する。

おそらく初めて起動する方は真っ暗な画面で不安になると思うが、心配ないのでそのまま放置してみよう。

Arch Linuxが起動したら、まず初めにSSH接続のためのrootのパスワードを設定し、sshdを起動して、ipアドレスを確認する。

root パスワード設定

まずはroot パスワードの設定だ。

Macからssh接続する際にパスワードの入力が必要になる。

# passwd

sshd起動

sshサービスを起動する。

# systemctl start sshd

IPアドレスの確認

Mac側から仮想マシンに接続するために、仮想マシンのIPアドレスを確認する。

# ip a

ここまでできれば、あとはMacのターミナルから接続し、進めて行ける。

コマンドもコピペでいけるようになるので、作業効率も上がるだろう。

Mac から仮想マシンへ接続する

Macのターミナルを起動する。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」を開こう。

ターミナルを起動できたら、先ほど確認した IPアドレスへssh接続していく。

ssh root@121.121.121.121

@以降は、確認したIPアドレスを入力する。

『Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? 』

と聞かれるので、

yes

と入力。

仮想マシンで決めたパスワードを入力すると、SSH接続完了となる。


ということで、今回はArch Linuxを仮想マシンにインストールするまでの前準備ということで、VMware Fusionの設定、SSH接続の設定等を解説してきた。

なかなか一筋縄では行かないLinuxであるが、何度も失敗を重ねながら経験を積んで、そうやってパソコンに触れ、スキルを上げていく。

成長して行くにつれ、あなたもだんだんパソコンも好きになっていければ、私としても嬉しく思う。

次回からは、いよいよシステムのインストール編に入っていこう。

Arch LinuxをVMware Fusionにインストールする方法[ベースシステムインストール編]

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*