じぶんメディアのつくりかた

スポンサードリンク

間違ったもん勝ち。失敗したもん勝ち。全てはタイミング

間違いを恐れるな

失敗することや間違いって、ほとんどの人が嫌だと思うことでしょう。

間違いが怖くて行動できない人っていると思うんですが、これって結構ヤバいことなんじゃないかなって感じています。

というのも、日本の教育の中で、『間違い = デメリット』というふうに洗脳され続けているからです。


失敗や間違いを犯すことがマイナスになってしまい、マイナスになることが悪いというふうに教えられている気がします。

マイナスになると出世できない、テストに合格できない、成長しない、みたいに。

間違うことを極端に恐れていますよね。


そしていつの間にか、答え合わせの人生になっている人が多いのではないでしょうか?

例えば、

「本を読めば頭が良くなる」と聞けば、「どんな本を読めばいいですか」と聞く。

「映画や音楽で感性が磨かれる」と聞けば、「どんな映画や音楽を聞けばいい?」と聞く。

典型例は、ゲームの攻略本を買う。

これらはまるで、答えを知った上で確認作業をしているような感じに見えませんか?

間が違うだけ。タイミングが違っただけ

人生って答えなんてないですよね?

誰でも失恋するし、お金で失敗するし、ギャンブルで大金負けたりする。


僕だって、自分の対応が悪くて人間関係で失敗したこともあるし、人生なんて失敗がつきものなんです。


でもね、間違いって悪いことじゃないんです。

『間が違う』 ってことで、タイミングが違ったってこと。

やることが間違っているわけではないんです。


全ての物事には光と影、陰と陽、プラスとマイナスのように、いいことと悪いことはサイクルになっているものです。

誰しも、良いことばかりが起きる人生ではありません。


全てはその時々のタイミングと考えれば、結局やるべきことは、

  • 淡々とやり続けるしかない。

  • 続けるしかない。

これしかないわけです。


人生の面白いところは、自分が体験したことは全て経験値になることです。

良いことも悪いことも資産として残ります。


確かに、失敗した時は辛いですよね?

涙を流す時だってあるかもしれません。

胸がグ〜っと苦しくなって、いてもたってもいられなくなる体験をしたことだってあります。

全てをぶち壊して、タイムマシンで過去に行って、もう一回ここからやり直したいって思うことは何度でもあるはずです。


でも、あなたが体験したことは全て間が違っているだけ。

タイミングが違っただけ。

そのタイミングは自分ではどうしようもありませんし、やってる本人はこれが失敗だなんて思ってやってるわけでもないので、結局、やり続けるしか人は成長しないんです。


僕がいつも言うんですが、

『成功の反対は失敗』

ではなく、

『成功の反対は何もしない』

なんです。


成功は始めるものです。

というか、常にチャレンジャーです。

成功したといって何もしなくなった瞬間、終わります。


無難に、何事もなく 0戦0勝0負 の人生なんてありえない。

100戦99負したあとの1勝。

この1勝の感動とか共感とかってすごく大事だと思うんです。

そして、この1勝のタイミングって今かもしれませんよ。