 Contents Creation Lab.

スポンサードリンク

MacBook Proにはやっぱり保護カバーをつけるべきだ。

MacBook Pro を強固(?)に保護する

こちらの記事で MacBook Pro に装着するスキンシールをご紹介しました。


実はそのときに合わせて、他にもいくつかアクセサリを購入していたので、それを紹介していこうと思います。

今回は保護カバーです。

結論から言うと、買って大満足の商品でした。

確実に、我が MacBook Pro の防御レベルが上がったと感じます。

詳細を解説していきますね。


先ほどの記事でもちらっと話しましたが、もともとの MacBook Pro 2009 では保護カバーを使用していました。

そのカバーはプラスチックだったし、そもそもの初期型の MacBook Pro は分厚かったので、カバーをつけることでより厚さも重さも増していました。

持ち運びには不便でしたが、肝心の傷からの保護という面では、着けててよかったと思っています。

今回新しく MacBook Pro を購入するにあたって、まずはじめにスキンシールを選択したものの、やはり『保護』という面を見ると、カバーの装着は不可欠だと思っていました。

そこで白羽の矢が立ったのが、こちらの保護カバー。


実は調べていくと Amazon にはホントにたくさんのカバーが出ているんだね。

どの保護カバーも見た目にはほとんどわからないレベルなのかもしれませんが、それでもこだわりポイントとして、『本体の角の保護をできるかどうか?』でこの商品を購入するに至りました。

様々な Amazon の保護カバーを見て写真を拡大してみると、MacBook Pro の後方の角の保護がないものが多いことに気づくと思います。

スキンシールで覆っているとはいえ、やはりちょっとした衝撃から守るためには角の保護は大事だと思うんです。

細かい違いかもしれないが、結構大事なポイントですよね?

実際に LENTION の保護カバーを装着してみた

購入したのがこちらの商品。


LENTION 16インチMacBook Pro 2019用 LENTION ハードケース MacBook専用シェルカバー (マット・半透明・ブラック)

注文して3日ほどで到着。

Amazon はこの早さもいいね^^

入っている内容はこちら。

blog040-images-001

blog040-images-002


  • 本体底面カバー
  • 本体天板カバー
  • USB-S 保護キャップ × 4
  • イヤホンジャック保護キャップ × 1


で実際に装着してみましたが、スキンシールを貼っているせいもあってか、結構きっちりでした。

blog040-images-003

それでもところどころに爪があって、はめ込むとカチッといって本体に密着してくれます。

blog040-images-004

そして、なんども言っていますが、この後ろの角の保護。

これがいいんですわ。

ここがあるだけでだいぶ安心感が違うんです。

blog040-images-005

blog040-images-006

全部装着するとこんな感じ。

blog040-images-007

裏側も綺麗にカバーされていますね。

排熱関係も良さそう。

手触りもけっこうさらっとしていて、ずっと触っていても苦じゃない感じ。

ただ、あえて失敗したことを言うと、保護カバーの色。


スキンシールをブラックレザーにしたので、あわよくばその質感が出るかと思ってマットのクリアにしてみたものの、マット系なのでクリアでもなく、全くレザーの気配すらしなかったんです。

色だけはブラックにすればよかったと反省。

まあこれは、またカバーが割れたときに考えることにします^^;

blog040-images-008

ただ、地味に嬉しいのが USB-C やイヤホンの保護キャップ。

これがあるからどうとか言うわけでもないが、ホコリなどから守るために蓋をするだけで気分が違いますよ。

blog040-images-009

blog040-images-010

まあ、小さすぎて時々どこに置いたかわからなくなるが・・・(ダメじゃん)。

MacBook Pro の本体の全体の保護ができるのがいいですよね。

実際装着してみて思ったのが、保護カバーをつけても私が思っていたほどぶ厚くならなくてよかったということです。

とは言っても、そもそもの MacBook Pro 自体が結構薄いのでカバーをしてもセンチ単位で変わるわけでもないしね。


兎にも角にも、これでどこへでも持っていける相棒として、また1つレベルアップしちゃいました。

大好きで大事な MacBoo Pro をずっと使い続けるためにも、自分でできる限り傷から守れるようにスキンシール + 保護シールという完全防備を施しました。

正直ここまでしなくてもいいかも、と、ちょっと思っちゃった感もあるが、決して後悔はしていないです。

少なくても、保護カバーもプラスチックでできている以上、装着や脱着時に傷が付く可能性だってあります。

そんなときにスキンシールもあれば小傷からは完璧に防げるかもしれませんね。

もちろん、保護カバーも排熱の関係などから本体の全てを覆っているわけではないので、開いた部分を守っていると思えば、スキンシール + 保護カバーの選択もありだろうと思います。

綺麗に MacBook Pro を使っていきたいという方はぜひ検討してみてください。


LENTION 16インチMacBook Pro 2019用 LENTION ハードケース MacBook専用シェルカバー (マット・半透明・ブラック)