Mac がほしいんだけど、このタイプを買ったらいいのかわからない
モデルでどんなスペックの違いがあるの?

今回は、こんな疑問にお答えします。


洗練された容姿、シンプルな機能、セキュリティ、起動の速さ・・・。

どれを取っても、Mac を買う理由としては申し分ありませんが、問題は数ある Mac の中でもどのモデルを選ぶのかということで悩む方も多いと思います。

そこで今回は、MacBook Pro 使用歴10年、仕事もプライベートもこれ1台でなんでもやってきた私がわかりやすく解説します。

AUTHOR
about DYNY

私は Mac を買ってパソコンの基礎スキルが上がった気がします。
機能はシンプルなのにできることが多いんですよね^^

あなたが MacBook を買うときの参考になれば幸いです。

Mac って世間で言われているほど不便なものではないんです。

学生さんのあなたにもおすすめですよ^^

2019年も Macbook 推しです。

2018年に Macbook も新モデルが発表され、2019年2月現在も新型の Macbook が発表されるのでは?と噂が立っている中で、自分にあった Macbook を探すのは容易なことではありませんよね?

そもそも、Mac を購入することにおいては、人によって目的や使用頻度も違うために「これが全てだ」と言い切るのは正直難しい問題です。

ただ、あなたが Macbook を購入する際、同じ Mac ユーザーとして私ならこれを買うだろうという、Macbook の選び方、スペックの比較、選択のポイントなどを解説していこうと思います。

なおここでは、持ち運びの面や、より多くの人の手に渡ってほしいと願う理由から、ノートブックに限っての話をしていきます。その他の Mac は公式ホームページをご覧ください。

また、もしパソコンについてスペックなどよくわからないと言う初心者の方がいたら、この記事も合わせて読んでいただくと今回の記事もすんなり入ってくるはずです。

Macbook の種類、ラインナップは?

現在の Macbook のラインナップは以下の通り。


  • MacBook
  • MacBook Air 13 インチ Touch ID
  • MacBook Pro13 インチ
  • MacBook Pro13 インチ Touch Bar & Touch ID
  • MacBook Pro15 インチ Touch Bar & Touch ID

この5種類が販売されており、それぞれにおいて、CPU やメモリ、ストレージ、キーボードをアップデートすることができます。

各 Macbook の特徴とは?

それぞれのスペックは Apple の公式ページに任せるとして、

特徴を簡単に押さえておきましょう。

機種 サイズ ポイント
MacBook 12インチ ベーシックモデル。カラーバリエーションが豊富
MacBook Air 13インチ Touch ID Touch ID 搭載。性能はProに劣るが持ち運びもしやすくてバッテリー駆動時間が長い
Macbook Pro 13インチ 7世代2コアCPU搭載。性能・バッテリー駆動時間・モバイル性のトータルバランスに優れている。が、Airとの差もそこまで大きくはない
  13インチ Touch Bar & Touch ID 8世代4コアCPUを搭載し、動画編集や画像編集を多用する方向け。Touch Barにより作業効率も高い。
  15インチ Touch Bar & Touch ID 6コアCPUと外部GPUを搭載した高性能なプロ仕様モデル。画像処理・動画編集におすすめ。またスピーカー性能も一番良い。

これらの特徴を見ていくと、CPU 性能、メモリの拡張性、ストレージの容量などでも変わってきますが、結局のところ何を目的とするかによって必要なスペックが出てくると思われます。

例えば、一般的な文書作成、ネットブラウジングを主に行うのであれば、ベーシックな Macbook、もしくは Macbook Air を選べばいいと思います。

特に、これらは Macbook シリーズの中でも特に軽量化が図られているため、持ち運びにも適しているし、バッテリー駆動時間も長くなっています。

さらに、簡単な動画編集や写真編集など、アドビ製品を使うようであれば Macbook Provを選び、頻度に応じてTouch Bar の有無を考えればいいと思います。

Macbook Pro 15インチ Touch Bar & Touch ID を選ぶのは、動画編集をメインに行う場合や様々な動画編集や音楽編集など4コアをフルに使う高負荷な作業を行うときの選択肢となることでしょう。

Macbook の価格の違い

ベーシックモデルの料金 最上位グレードにした場合
Macbook 142,800円 〜 214,300円
MacBook Air Touch ID 134,800円 〜 288,800円
Macbook Pro 13インチ 142,800円 〜 285,800円
Macbook Pro 13インチ touch Bar & Touch ID 198,800円 〜 407,800円
Macbook Pro 15インチ Bar & Touch ID 258,800円 〜 770,300円

ベーシックモデルと、それをアップグレードした価格を見てみると、特にモデルの違いだけで比較するのは難しくなってきますね。

最終的には、CPU 性能、メモリの容量、ストレージの容量のバランスを見ていく形になるでしょう。

おすすめの Mac は?

以上を踏まえ、どのモデルを購入するか検討していきます。

まず、Macbook。

文書作成やネットブラウジングを主に行う方向けであり、特に 動画編集などもせず、持ち運びを重視する場合はこのモデルで十分かもしれませんね。

好みで CPU 性能やメモリなどのアップグレードを検討すればいいと思います。


次に Macbook Airと Macbook Pro(13インチ Touch Bar なし)。カラーバリエーションとしてゴールドがあるのが選択の決め手

また、CPU 性能でいえば若干 Macbook Pro の方が高性能であるので、軽い動画編集や画像編集などを行う予定があれば、Macbook Pro を選んでおいて損はないです。


次に Macbook Pro 13 インチ Touch Bar なしと Touch Bar ありの比較。

TouchBar は、従来キーボードの一番上にあった F1 や F2 のボタンなどのラインに配置されていたものが、ガラスのタッチパネルになったものです。

実は、多くの Touch Bar 使用者が口を揃えて言うのが、Touch Bar の不必要さです。

タイピング時にタッチパネルに触れて誤作動してしまう、Touch Bar自体の故障、そもそも対応アプリが少ないなどの理由から Touch Bar の不人気さが後を絶ちません。

もちろん、動画編集をメインに行う場合や、将来性も見据えて Touch Bar 付きを検討するのはいいと思います。

Touch Bar 付きモデルの場合は、第8世代のCPUでクアッドコアを搭載し、CPU 性能が大幅に向上したこと、さらに USB-C ポートが4つあるなどの違いがあるために、どこを取るかで大きく選択肢は変わってきますね。

Macbook Pro 15 インチに至っては、画面の大きさによる持ち運びの有無もあるし、6コアの CPU(第8世代 core i9 搭載可能)やメモリ拡張(〜32GB)といったハイスペックということもあり、動画編集を主に行うようなクリエイター向けと言えます。


パソコンを購入する際は、ご自分の使用用途や予算にあった選択をするのが一番いいと思いますが、長く使えるということを考えるとある程度上位モデルの Macbook を購入しても問題ないと個人的には考えています。

特に、安いだけの理由でスペックの低いものを買ったときに、今後 CPU の取り換えやメモリの増設なども不可能なので、ストレスを抱えていかないといけないのは避けたいところです。

バランスを考えると Macbook Air で可能であれば CPU やメモリをアップグレードするのが一番コスパがいいのかもしれませんね。


Mac を購入するにあたって、今回いろいろな視点で見てきましたが、様々な要素が絡んでくることがわかりましたね。

特に、今までは最高グレードと言われていた Macbook Pro が Macbook Air に追従されていること、Touch Bar の有無、そして CPU の性能アップなど、時代の進化に伴って Macbook の選び方も変わってきたように思います。


ここまで書いて、私が Macbook を買うならどのモデルかを考えてみました。

結論から言うと、私は『Macbook Pro 13インチ Touch Bar なし』を選ぶと思います。

理由として、私の用途はブログ執筆やメルマガ執筆がメインとなりますが、コンテンツ制作においては動画編集や画像編集ソフトを多用することもあるし、ある程度 CPU 性能を保ち、長く使いたいという気持ちがあるからです。

できることなら、第8世代の CPU で4コアというのは魅力的なんですが、いかんせん Touch Bar の存在が邪魔なんですよね。

Touch Bar の必要性がイマイチ感じられないのと、万が一 Touch Bar が故障したときの修理費用を考えると(キーボード全て交換で修理費用は約10万円かかる見込み)、Touch Bar なしモデルを購入して、差額で AirPods や iPad を買うとかその他のアクセサリを購入した方が幸せになれると信じています。

CPU、メモリをアップグレードしても税抜き219,800円なら、いい買い物ができそうですね。