 Contents Creation Lab.

スポンサードリンク

Google Chrome のインストール・アンインストール方法 Mac 版を解説

Mac で Google Chrome を使いたいけどどうやってインストールするんだろう?
Safari と Google Chrome どっちがいいのか知りたい

今回は、こんな疑問にお答えします。

今日のテーマ
TOPIC
  • Google Chrome とは?
  • Google Chrome を使うメリット
  • Mac での Google Chrome のインストール方法を画像付きで解説

ブラウザっていろいろあって悩みますよね?

Mac には標準で Safari というブラウザもついているし、いまいち Google Chrome との違いもわからないという方も多いと思います。

そんなあなたへ、Mac を10年以上触ってきた私が Google Chrome を推す理由を解説します。

また Google Chrome のインストール方法も簡単にできますので、Mac を買ったばかりのあなたでもすぐにインストールできるように画像付きで解説していきます。

AUTHOR
about DYNY

Google Chrome はいろんなプラットフォームで使用できるので、アカウントさえあればスマホでもパソコンでもブックマークの同期や検索履歴の管理などもできて、ウェブでの利用がかなり楽になります。

Mac での Google Chrome のインストールもとても簡単なので、サクッと環境構築してしまいましょう!

Google Chrome とは?

Google Chrome はブラウザの一つです。

ブラウザとは簡単に言うとパソコンやスマホでインターネットを開くときに使うアプリのことです。

Windows でいう インターネットエクスプローラーや Edge、Mac でいうSafari がそれにあたります。

そんなブラウザソフトの中でも Google Chrome はChromeのシェア率が62.63%と圧倒的なシェア率を誇るブラウザでもあります。(ちなみに、Safari のシェア率が15.56%程度。)

つまり Mac ユーザーも多くの方が Safari ではなく、Google Chrome を使っているということですね。

Google Chrome を使うメリット

Google Chrome を使うメリットは多数ありますが、なかでも以下の特徴があります。

  • いろんなプラットフォームでの同期が可能
  • ブックマークが簡単
  • 拡張機能が多い

それぞれ簡単に説明します。

いろんなプラットフォームでの同期が可能

Google Chrome は同一アカウントでログインした場合、Mac だけでなく Windows 機やスマートホンなどで検索履歴や住所の管理、パスワードといったフォーム内容の保存が可能で、呼び出すことができるようになります。

つまり、Google Chrome がパスワードなんかも記憶してくれてどこでも同じように呼び出すことができるということです。

そのため、Mac 以外にも Windows や iPhone など様々なプラットフォームを使う人にとっては、大変使い勝手が良いです。

ブックマークが簡単

blog001-images-001

Google Chrome はブックマークのUIがわかりやすいです。

ブックマークしたいページのアドレスバーの右側にある「☆マーク」を押すだけで、簡単にブックマークをすることができるので、直感的でわかりやすくなっています。

拡張機能が多い

Google Chrome はウェブストアから拡張機能を追加して機能を拡張し、カスタマイズすることができます。

例えば、普段ドロップボックスでファイルを管理していれば、ドロップボックスを拡張機能として取り入れたり、はたまたブラウザを開いているときに使えるメモ機能なんかもあります。

たくさんの種類の拡張機能があるので、ぜひあなたのお気に入りの拡張機能を見つけて、環境構築をしてみてください。

Mac での Google Chrome のインストール方法を画像付きで解説

では、ここからはブラウザの中でもかなりの人気を誇っている Google Chrome Mac 版のインストール方法を解説しようと思います。

今までWindows 機を使っていて、はじめて Mac を購入した人はアプリのインストール自体初めてでしょうから、Windows 機との違いに戸惑うかもしれませんね。

Windows 機はインストール画面で「次へ」→「次へ」・・・と進めますが、Mac の場合はほとんどがアプリをドラッグ&ドロップするだけで簡単にインストールできてしまうんです。

こういうシンプルさが私が Mac が大好きな理由の一つなんですよね

まあ、なんのこっちゃと思っている方も多いと思うので、前置きが長くなってしまいましたが早速 Mac 版の Google Chrome をインストールしていきましょう。

Mac版Google Chromeのインストール方法

まず、公式ページに行き、Mac用のGoogle Chromeを頂戴します。

blog001-images-002

このような画面になるので「Chromeのダウンロード」をクリック。

blog001-images-003

次の画面では「同意してインストール」をクリックして、ダウンロードしましょう。

blog001-images-004

うまくいけば dmg ファイルのダウンロードが始まるはず。


そういえば、ほとんどの人が初期状態では Safari を使用していると思います。

Safari はデフォルトではこういったダウンロードファイルは、Mac の『ダウンロード』というフォルダに保存されます。

当たり前と言えば当たり前がの話ですが、念のため確認をしてみてください。

blog001-images-005

では次に、ダウンロードした Google Chrome.dmg ファイルをダブルクリックしてマウントさせましょう。

blog001-images-006

マウントが完了するとこんな画面に。

ここでは「待ってました」と言わんばかりに、マウントしてできた Google Chrome アプリのアイコンを、下のアプリケーションフォルダのショートカットにドラッグアンドドロップしてみてください。

実は、これだけで、あっという間に無事インストールが完了するんです。


まさに、コーヒーを淹れるより簡単。

インストールが完了したら、ダウンロードした dmg ファイル、そしてマウントも必要ないので断捨離(ゴミ箱へポイ)。

blog001-images-007

デスクトップにあるマウントアイコンから、右クリックで取り出せばアンマウントできます。

もしくは、この dmg ファイルをゴミ箱へドラッグ&ドロップでもOK!

ダウンロードファイルも同様に、ゴミ箱にポイしてしまいましょう。

そこらへんに置いておくとあっという間にごちゃつき、環境に悪いです。

不要なファイルはこまめにゴミ箱に捨てるようにするのが、Mac を長く使うためのコツです。

Mac 版 Google Chrome のアンインストールもゴミ箱へ

いかがでしたか?

Mac はこのように簡単にアプリをインストールすることができるんです。

実にシンプルで単純で明快。

思い返せば、私も Mac で初めてアプリをインストールした時に、その簡単さに感動したものです。


ちなみにアンインストールする場合も同様に、アプリケーションのファイルからゴミ箱にドラッッグアンドドロップするだけ。

Mac ではとりあえずなんでもゴミ箱に入れてしまえばなんとかなる(気がする)。

アンインストールもあっという間ですね。