Mac で Google Chrome を使いたいけどどうやってインストールするんだろう?
Safari と Google Chrome どっちがいいのか知りたい。

今回は、こんな疑問にお答えします。


ブラウザっていろいろあって悩みますよね?

Mac には標準で Safari というブラウザもついているし、

「いまいち Google Chrome との違いもわからない」

という方も多いと思います。

 

 

そんなあなたへ、

Mac を10年以上触ってきた私が

Google Chrome を推す理由を解説します。

 

また Google Chrome のインストール方法も

簡単にできますので、

 

Mac を買ったばかりのあなたでも

すぐにインストールできるように

画像付きで解説していきます。

 

AUTHOR
about DYNY

Google Chrome は

いろんなプラットフォームで使用できます。

 

アカウントさえあれば

スマホでもパソコンでも

ブックマークの同期や検索履歴の管理などもできて、

ウェブでの利用がかなり楽です。

 

 

Mac での

Google Chrome のインストールもとても簡単なので、

サクッと環境構築してしまいましょう!

Google Chrome とは?

Google Chrome はブラウザの一つです。

 

ブラウザって言われて

なんだかわかりますか?

 

簡単に言うと、

パソコンやスマホで

インターネットを開くときに使うアプリのこと。

 

 

Windows でいう

『インターネットエクスプローラー』や『Edge』、

Mac でいう『Safari 』みたいなやつです。

 

そんなブラウザソフトの中でも、

Google Chrome はシェア率が62.63%と

圧倒的なシェア率を誇るブラウザなんです。

 

(ちなみに、

Safari のシェア率が15.56%程度らしいです。)

 

 

つまり、

Mac ユーザーも多くの方が Safari ではなく

Google Chrome を使っているということですね。

Google Chrome を使うメリット

Google Chrome を使うメリットは多数ありますが、

なかでも以下の特徴があります。

 

  • いろんなプラットフォームでの同期が可能
  • ブックマークが簡単
  • 拡張機能が多い

 

それぞれ簡単に説明します。

いろんなプラットフォームでの同期が可能

Google Chrome を使うと

同一アカウントでログインした場合、

 

Mac だけでなく Windows 機やスマートホンなど、

検索履歴や住所の管理、パスワードといった

フォーム内容の保存もできるようになります。

 

 

つまり、

Google Chrome がパスワードなんかも記憶してくれて

どこでも同じように呼び出すことができるということです。

 

そのため、

Mac 以外にも Windows や iPhone など、

様々なプラットフォームを使う人にとっては

大変使い勝手が良いです。

ブックマークが簡単

Google Chrome は

ブックマークのUIがわかりやすいです。

 

ブックマークしたいページの

アドレスバーの右側にある「☆マーク」を押すだけで、

簡単にブックマークをすることができます。

 

直感的でわかりやすい!!

拡張機能が多い

Google Chrome は

ウェブストアから拡張機能を追加して機能を拡張し、

カスタマイズすることができます。

 

例えば、

普段ドロップボックスでファイルを管理していれば、

ドロップボックスを拡張機能として取り入れたり、

 

はたまたブラウザを開いているときに使える

メモ機能なんかもあります。

 

 

たくさんの種類の拡張機能があるので、

ぜひあなたのお気に入りの拡張機能を見つけて、

環境構築をしてみてください。

Mac での Google Chrome のインストール方法を画像付きで解説

では、ここからはブラウザの中でも

かなりの人気を誇っている Google Chrome Mac 版の

インストール方法を解説しようと思います。

 

今まで Windows 機を使っていて、

はじめて Mac を購入した人は

 

アプリのインストール自体初めてでしょうから、

Windows 機との違いに戸惑うかもしれませんね。

 

 

Windows 機はインストール画面で

「次へ」→「次へ」・・・と進めますが、

 

Mac の場合はほとんどが

アプリをドラッグ&ドロップするだけで

簡単にインストールできてしまうんです。

 

こういうシンプルさが私が Mac が大好きな理由の一つなんです

 

ただ、これだけ聞いても

「どういうこと?」

と思っているかもしれませんね?

Mac版Google Chromeのインストール方法

では、前置きが長くなってしまいましたが

早速 Mac 版の Google Chrome を

インストールしていきましょう。

Mac 用 Google Chrome のダウンロード

まず、公式ページに行き、

Mac 用の Google Chrome をダウンロードします。

 

このような画面になるので

「Chromeのダウンロード」をクリック。

「同意してインストール」をクリックして、

ダウンロードしましょう。

dmg ファイルのダウンロードが始まります。

 

そういえば、

ほとんどの人が初期状態では

Safari を使用していると思います。

 

Safari はデフォルトでは

こういったダウンロードファイルは、

Mac の『ダウンロード』というフォルダに

保存されます。

 

当たり前と言えば当たり前の話ですが、

念のため確認をしてみてください。

ダウンロードした Google Chrome.dmg ファイルのマウント

では次に、

ダウンロードした Google Chrome.dmg ファイルを

ダブルクリックしてマウントさせましょう。

 

「ちょっと待て!マウントってなんだよ?」

 

って思いましたよね?

 

 

言葉で説明すると難しいんですが、

要は、ダウンロードしたファイルに

アクセスできるようにすることです。

 

 

蓋をイメージしてもらうと

わかりやすいんですが、

 

箱とか瓶に蓋がついていると中身は取れないけど、

蓋を開けたら中身を見たり取ったりできます。

 

例えば、

温泉入ったらコーヒー牛乳飲みますよね。

 

自販機で買って落ちてきたら

蓋を開けて飲む。

 

その蓋を開けるのが

マウントっていうイメージ。

(わかりにくいかな?)    

 

マウントっていうのは、

 

『ダウンロードしたものの蓋を開けて

そのファイルの中身を見たり取ったり

できるようにすること』

 

って考えてもらえるといいかも知れませんね。

アプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップ

さて、マウントが完了すると

こんな画面になります。

 

ここでは「待ってました」と言わんばかりに、

マウントしてできた Google Chrome アプリのアイコンを、

下のアプリケーションフォルダに

ドラッグ&ドロップしてみてください。

 

実は、これだけで、

あっという間に無事インストールが完了します。

 

 

注意点として、

マウントした時に出る Google Chrome の

アプリのアイコン。

 

これをダブルクリックすると

アプリケーション自体は開くことができて

普通に使えるのですが、

 

まだ自分のパソコンには

インストールされていない状態になります。

 

先ほど話した、

『箱の中身は見れる』

という状態です。

 

それをいつでも使えるようにするために、

自分の収納棚に入れ直さなければいけません。

 

 

そのために、

アプリケーションフォルダに

ドラッグ&ドロップすることで

 

自分のパソコンに

インストールする作業が必要なんです。

 

ここは Mac を使う上での

重要な部分ですので

ぜひ覚えておいてくださいね^^

アンマウント

インストールが完了したら、

ダウンロードした dmg ファイルを

アンマウントし、ファイルをゴミ箱に捨てましょう。

 

アンマウントとは、先ほどと逆で、

使わなくなったファイルに蓋をすることです。

 

温泉入った後にコーヒー牛乳を飲んで、

蓋をしてゴミ箱に捨てるイメージですね。

 

デスクトップにあるマウントアイコンから、

右クリックで取り出せばアンマウントできます。

 

もしくは、

この dmg ファイルを

ゴミ箱へドラッグ&ドロップでも OK です。

 

 

ダウンロードファイルも同様に、

ゴミ箱にポイしてしまいましょう。

 

使わなくなったファイルを

そこらへんに置いておくと

あっという間にごちゃつき環境に悪いです。

 

不要なファイルは

こまめにゴミ箱に捨てるようにするのが、

Mac を長く使うためのコツです。

Mac 版 Google Chrome のアンインストールもゴミ箱へ

いかがでしたか?

 

Mac はこのように簡単に

アプリをインストールすることができるんです。

 

実にシンプルで単純で明快。

 

 

思い返せば、私も

Mac で初めてアプリをインストールした時に、

その簡単さに感動しました!

 

ちなみに、

アンインストールする場合も簡単で、

アプリケーションのファイルから

ゴミ箱にドラッッグ&ドロップするだけで

アンインストールできちゃいます。

 

Mac ではとりあえず

なんでもゴミ箱に入れてしまえば

なんとかなる!!(気がする)

 

 

アンインストールもあっという間ですね。

こうやって Mac に慣れていってくださいね。