ミニマリズムは状態。言語化することで潜在意識へ

クレドを作成した経緯はこちらから。

今、クレド(Credo)を作る理由。価値観を変え行動を変える

[blogcard id=”1443″]

『Make The DYNY Way』に基づき、早速これから 21 の Basic について考えていこうと思う。

今回は DYNY’S Basic 1。

DYNY’S Basic 1

自分のやりたい事をやる為に、やらない事を決めてみましょう。

自分の目的を叶える為に、ムダを省き自分の『好きなモノ』『大事なこと』を強調する事で自分の目的を叶える人達のことを『ミニマリスト』と呼び、その考え方を『ミニマリズム』といいます。

今回より早速 Basic についてアウトプット。

人生生きていると、やりたいことは五万と出てくる。

やりたいことをやるために、もっというと、自分にとって本当に大事なことを見つけるために、まずは身の回りの整理から初めてみてはいかがだろうか?

仕事においても同じで、やることを探すだけではなく、まずはやらなくていいこと、無駄なことを把握しそれを捨てることで、やらなくてはいけないことが明確になってくる。

ミニマリズムという人たちの考え方は、ただ単に物を捨てることや物を捨てる人たちのことを言うのではなく、あくまでも『モノややらなくていいことを捨てていく過程であり、状態のこと』なのだ。

物を捨て、やらなくていいこと、やるべきことを明確化することで、本当に自分にとって必要なことが可視化できる。

ミニマリズムという考え方を知って、こうやって自分にとって必要なことを見極めることも大事なことではないだろうか?

そしてこれを定期的に言語化することで、顕在意識、潜在意識の中に言葉が刻まれ行動が変わると思っている。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*